NGOミャンマー駐在員のハリキリノート

ミャンマーのタウンジーという町で、国際協力をやっています。NGO活動、ミャンマーあれこれ、国際結婚育児ネタなど

ミャンマー・モン州土砂崩れの被害状況と寄付受付(2019年8月)

ミンガラーバー(ミャンマー語でこんにちは)。

ミャンマーでNGO駐在員をやっています、鈴木亜香里です。

 

2019年8月現在、ミャンマーのモン州で大規模な土砂災害が発生しています。大雨で地盤が緩み、土砂崩れが発生。60名以上の死者が出ています(8月20日現在)。

ミャンマーでは大きなニュースになっていますが、なかなか日本語や英語で報道されないため、日本ではほとんど知られていません。そこで、当ブログでは、ミャンマー人のFacebookを日本語に翻訳し、情報提供したいと思います。

土砂災害の概要

発生日:2019年8月9日

発生地域:ミャンマー南東部 モン州

被害状況:66名死亡、約10名が行方不明(8月14日現在)

     29村が被害を受け、20,000人以上が避難。


こちらのサイトには写真が多く掲載されています。

www.afpbb.com

 

主な情報ソースはFacebook

ミャンマー人のインターネット上の情報源は、Facebookがほとんどです。google検索はあまり使われません。フォントの問題等あり、Facebookが一番使いやすいんです。

 

支援物資はあるのに、川の向こう岸に渡れない

White Color パラヒタ支援団体(2019年8月13日)

チャイマヨー町の水害は、アッタヤン川の増水です。お金や物資を寄付してくれる人もいるし、救援のために来ている人もたくさんいます。

しかし、救助を届けることができていません。なぜかというと、アッタヤン川の向こう岸に行くのが困難だからです。普通レベルの増水ではないので、ボートで渡るのが難しいのです。小さいボートしかないので、向こう岸に支援物資を運ぶのも困難です。川の流れが速いので、誰も向こう岸に行くことができません。しかし、向こう岸の人たちはどうやって食べているのでしょうか?大きなボートがあれば、僕の団体が救援に行くことができます。食べ物を届けることもできます。今は、彼らの運が悪かったと思うしかないのでしょうか?助けたいのに、支援物資を届けたいのに、何もやってあげることができません。彼らのところに行くためのボートがないので、いけないんです。

緊急支援用のボートを1台、欲しくなりました。

ミャンマー土砂災害

小さいボート

元記事(ミャンマー語フォント入ってない人は文字化けします)

www.facebook.com

 

活動するミャンマーの人々

街頭募金

今回の土砂災害でも、町には寄付を募るブースが出ています。お金でもいいし、米などの食べ物や、家にある古着を寄付することもできます。3日間くらいブースで寄付を集めたら、お金や物資をトラックいっぱいに詰め込み、被災地に直行します。

 

ブースの主催者は、地元の慈善団体が多いです。普段は地元の学校に寄付をしたり、献血キャンペーンを行うなどの小規模の活動を行っていますが、今回のような大規模災害が起こったときにも活躍します。

 

多くの人は、本業として別の仕事を持っていて、奉仕として慈善活動を行っています。本業を放り出して被災地に駆けつける姿は、素晴らしいの一言。ガソリン代などの経費も自腹で負担し、集めた寄付金は全額被災地に寄付する団体が多いようです。

 

また、町内会や学校などでも寄付活動が行われます。私の息子の通っているインターナショナルスクールでも募金を集めていました。集まったお金は、実際に現地に向かうグループに託されます。

 

TPAも募金を集めます

地球市民の会では、モン州土砂災害の復興支援に取り組みたいと思います。

 

当会の活動地域ではないため、スタッフを派遣しての活動は難しいのですが、Ko Nyi Nyi Lwin医師(タウンジーのルビー病院所属、普段から熱心に慈善活動を行ってきた人物)の助けを借りて、少しでも必要な物資を届ける支援を行います。

 

ご寄附いただいたお金は当会の管理費や、Ko Nyi Nyi Lwin医師への謝礼・交通費としては使用せず(医師から辞退あり)、すべて支援物資購入のために使います

今のところ、米・油・塩など食糧を送ることを考えていますが、集まった金額や現地の状況に応じて、最適なものを寄付します。

 

日本の皆さんからのお力添えは、モンの人たちへのエールとなることでしょう。遠いミャンマーの国での災害ですが、同じ地球市民として、ご支援をお願いします

 

支援先:

・チャイマヨータウンシップ、ウーレー村(339世帯、1847人)

・チャイマヨータウンシップ、ガピェーマ村(533世帯、2859人)

ご寄付の使い道:復興支援に必要な物資の購入費用として使います

目標金額:10万円

募集期間:2019年8月~9月15日

 

ご寄付の方法:

佐賀銀行かゆうちょ銀行の口座にお振込みをお願いします。

お振込みいただく前に必ず事務局に下記の内容をご連絡ください。

・寄付者(振込者)氏名

・ご連絡先

・ご住所

・お振込みいただいた銀行(ゆうちょ/佐賀銀行)

・領収書発行希望の有無(当会へのご寄付は認定NPO法人寄付控除になります)

メールのタイトルを【ミャンマーモン州水害支援寄付】としてください。

ご連絡を頂かない場合、正確にご寄付を受理できない場合がございます。

ご連絡先:office@terrapeople.or.jp 担当:諫山

 

振込み先:

佐賀銀行

支店名:本店営業部  店番:500

預金種目:普通預金  口座番号:2675887

名義:特定非営利活動法人地球市民の会

 

ゆうちょ銀行

店名:179(イチナナキュウ)

預金種目:当座預金  口座番号:0026351

名義:特定非営利活動法人地球市民の会

 

「何かしたい」という気持ちの受け皿に

今回の災害で感じたのは、何か力になりたいと思ったときに、適切な寄付先を見つけることの難しさです。どこに寄付すれば、被災した人のためになるのか、情報収集が非常に難しく時間がかかりました。

日本の方の中にも、この災害に心を痛め、何かしたいと思われている方はいるかと思います。そういうお気持ちの受け皿として、地球市民の会がお役に立てればと思います。

 

寄付が集まったあとの使い道について、このブログや地球市民の会のFacebookでお知らせしていきたいと思います。まだ地球市民の会のFacebookページをフォローされていない方は、こちらからどうぞ。

https://www.facebook.com/chikyushiminnokai/