NGOミャンマー駐在員のハリキリノート

ミャンマーのタウンジーという町で、国際協力をやっています。NGO活動、ミャンマーあれこれ、国際結婚育児ネタなど

ミャンマー人気観光地をまわる旅行計画をたてるコツ

ミンガラーバー(ミャンマー語でこんにちは)

ミャンマー在住8年の鈴木亜香里です。

 

ミャンマーに旅行に行こうと思っているけど、どこに行ったらよいかよくわらかないという方むけに、ミャンマーの超有名観光地をまとめました。

 

限られた期間でいろいろな場所を訪問するには、飛行機の利用がオススメです。

でも、ミャンマーの国内線は時間の選択肢が少なくて、慣れないと苦労するんです。

 

我が家は、飛行機チケットメインの旅行会社を経営しています。

ミャンマー国内線のプロ旅が、ミャンマー旅行のプランニングのコツをご紹介します。

 

 

 

 

オススメ4大観光地

 

ヤンゴン

ミャンマーに訪れる人のほとんどが足を踏み入れるヤンゴン

私も一年間住んでいた、ミャンマーで一番の都会です。日本で言えば東京ですね。

 

ミャンマーの皆が大好きな「シュエダゴンパゴダ」。

きらきら黄金に輝くパゴダ(仏塔)です。

昼間は暑いけど、夜に行くと涼しくて気持ちがいいんですよ。

 

ダウンタウンにある「ボージョーマーケット」もお勧め。

たくさんのお店が入った市場で、一通りお土産が買えます。

 

外国人も多く住んでいるので、ちょっと高級なホテルやレストランなどもある、ミャンマーで一番の都市です。

f:id:ngomyanmar:20190519142250j:plain

シュエダゴンパゴダ

 

バガン

東南アジアの3大遺跡をご存じでしょうか。

アンコールワットカンボジア)、ボロブドゥール(インドネシア)、そしてミャンマーの「バガン」です。

古都バガンは、日本で言えば京都でしょうか。

 

広大な敷地にたくさんの遺跡群。

赤土の大地と古びたパゴダがとてもきれいです。

馬車に乗って仏塔を巡り、夕方にはパゴダの上からサンセットを眺める。

とても素晴らしい景色です。

 

ヤンゴンからは、飛行機で行くのがオススメです。1時間10分ほど。

最寄りの空港は、ニャウンウー空港です。

ただ、本数がかなり限られています。早朝発か、夕方発の2択になることが多いです。

f:id:ngomyanmar:20190519142418j:plain

バガンの遺跡群

 

インレー湖

インレー湖をボートで渡るのは、とっても気持ちがいいです。

水色の空、緑豊かな山、澄んだ水のコントラストが大変きれいです。

 

水上マーケットや水上コテージ、水上パゴダ、足こぎボート。

蓮の繊維で編んだ布が特産品です。

高地なので、あまり暑すぎないのも良いですね。

 

ヤンゴンからは、飛行機がオススメ。1時間10分です。

最寄りの空港は、ヘーホー空港です。

早朝、お昼、夕方等、いくつか時間の選択肢があります。

バガンからも飛行機で来ることは可能ですが、本数が限られています。

f:id:ngomyanmar:20190519142518j:plain

インレー湖で漁をするインダー族

 

チャイティーヨーパゴダ

通称「ゴールデンロック」。

黄金の岩が崖の上から落っこちそう!でも、不思議なことに落ちない!という奇跡の岩です。

 

写真を見てみてください。

仏陀の頭の形の岩だと言われ、とっても尊いものとされています。

岩は実は浮いていて、地面と岩の間にヒモが通った!岩の下から鳥が飛んで出てきた!という謎の噂もあり。

 

ミャンマー仏教となら誰でも一度は巡礼に行きたいそうです。

山の上全体が巡礼の異様な雰囲気に包まれています。

簡易宿泊所、お土産売り場、屋台にたくさんの人。

ここでは年中お祭りのようなにぎわいです。

 

チャイティーヨーパゴダに行くには、ヤンゴンからタクシーのチャーターがオススメ。

片道4時間程度で、日帰りも可能です。

公共交通機関(バス)で行くことも可能ですが、時間もかかるし、初心者には少し難しいです。バスだと日帰りはできません。

 

f:id:ngomyanmar:20190519142552j:plain

ゴールデンロック

 

 

ミャンマー旅行プランニングのコツ

 

ホテルより先に、飛行機を手配する

ミャンマーの最近の傾向では、ホテルは十分にあるのですが、上述のように飛行機の選択肢が少ないです。

そのため、飛行機を手配してからホテルを予約することを強烈にオススメします。

 

バガンに1泊するつもりでホテルを予約。

その後飛行機の時間を見てみると、夕方にバガンにつき、翌朝早朝にバガンを出る便しかない。

せっかくバガンに行ったのに、ホテルで寝るだけ・・・。

 

というケースもけっこう発生します。

 

 

バガンとインレーの行程を入れ替えてみる

外国人がよく利用する飛行機路線は、ヤンゴン→ヘーホー(インレー)→マンダレー→ニャウンウー(バガン)→ヤンゴンというもの。

マンダレー経由があったりなかったり、逆回りになることもあります。

午前中に時計回りで回れば、夕方は逆回りになることがほとんどです。

 

ミャンマー国内線も航空会社が数社あるのですが、どの会社も同じようなスケジュールを組んで運行するため、選択肢が増えない・・・。

(運休になったときなど、他社に容易にふりかえできるように、スケジュールを合わせているという噂です)

 

ヤンゴン→ニャウンウー(バガン)→ヘーホー(インレー)→ヤンゴン

という行程を組んでみたものの、飛行機の時間がイマイチ・・・という場合は、

 

ヤンゴン→ヘーホー(インレー)→ニャウンウー(バガン)→ヤンゴン

というように、バガンとインレーの順番を入れ替えてみてください。

うまくいくことが多いです。

 

 

ネット上でチケットを買わず、旅行会社を通す

ここまで書いてきたように、とにかく飛行機の選択肢を増やすことがプランニングの鍵です。

ただ、ミャンマーの航空会社の中で、ネットで予約・決済できるところは少なくて・・・。

 

そういう場合は、現地の旅行会社に依頼しましょう。

ネットで買えない航空会社の便も、手配することができます。

また、どういうプランにしたほうが効率が良いかなど、アドバイスももらえるでしょう。

 

値段の面も重要です。

ネットで航空会社から直で買うほうが安いと思われるかもしれませんが、旅行会社を通したほうが断然安いです。

(中には、高い手数料をとる旅行会社もあるかもしれませんが、当社の場合は断然安いです)

 

ということで、旅の計画でつまづいたら、旅行会社に相談してみましょう。

日本人が駐在している旅行会社も多いので、日本語で相談できます。

 

 

 

オススメの旅行会社

もちろん、私の夫がやっているAsian Royal Starがオススメです。

 

オススメポイントは・・・

ミャンマー国内のすべての航空会社を取り扱っている

・日本語で相談可(私がやります)

・航空券や高級ホテルをめちゃくちゃ安く手配できる

・日本円で支払い可能(銀行振り込み)

 

でも、デメリットもあります。

・日本語対応に時間がかかる場合がある(私の本業はNGO職員のため、対応できない時間があります)

・クレジットカード使用不可

・隙のないサービスを求める方はご遠慮ください。できるだけ安くしたい、ちょっとくらいの不便も旅の楽しみだと思える方向けです。

 

Asian Royal Starは、航空券と高級ホテルに強い旅行会社です。

4つ星、5つ星のホテルは、Agodaなどよりも安いレートでご紹介できます。

 

チャイティーヨーパゴダへのタクシー手配も人気です。

他社より安いので。

 

相談だけなら無料なので、よかったらご連絡ください。お待ちしております。

↓ ↓ ↓ 

peraichi.com

 

 

他にもおすすめしたいのが、現地に根を張っている経営者がいる旅行会社です。

 

バガンやインレー湖を観光するには、ヤンゴン拠点で経営している会社より、その地に拠点を置いて経営している会社のほうが、たくさん情報を持っています。

 

オリジナルのツアーなどもあるので、楽しそうです。

 

バガンなら、サラトラベルさん。

www.sara-tour.com

 

インレー湖なら、HOME Myanmarさん。

home-mm.com

 

航空券と高級ホテル手配なら、Asia Royal Star。

peraichi.com

 

ミャンマー旅行を楽しんで、ミャンマーを好きになってもらえたら嬉しいです!

 

 

参考になりましたら、クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村